もりはやメモφ(・ω・ )

インフラなエンジニアからSREへ

AWS WorkspacesのDirectryを削除しようとしたら "Cannot delete the directory because it still has authorized applications" が出る対策

検証で利用していたAWS Workspacesのお掃除をしていたところ、以下のエラーが発生して消せなくて焦りました。

An Error Has Occurred Cannot delete the directory because it still has authorized applications. Additional directory details can be viewed at the Directory Service console.

f:id:morihaya:20200403171821p:plain
エラー画面

対策: 利用中のアプリを先に削除する

原因は全てのアプリを削除していないためでした。エラーメッセージのリンク先に飛ぶと、ディレクトリの詳細ページが表示され、以下のように利用中のアプリケーションの一覧んを確認できます。

この図では Amazon WorkDocsEnabled になっているため、ディレクトリを削除できなかったのです。

f:id:morihaya:20200403172317p:plain
利用中のアプリ一覧

リンク先へ飛びWork Docsも削除します。WorkDocsの削除画面には親切なことに I also want to delete the user directory オプションが表示されましたので、チェックを入れて削除を行います。

f:id:morihaya:20200403172624p:plain
WorkDocs削除画面

念のため Workspacesのディレクトリ一覧に戻ると、 deleting ステータスを確認できました。こちらでお掃除が完了です。

f:id:morihaya:20200403172949p:plain
削除されつつあるディレクトリの図

まとめ。

GUIでサクサクと起動できるのはいいですが、裏で複数サービスが連携して作成されることで、一箇所で削除ができないのはよくある話ですが、直面すると少し焦りますね。